第11回大学ボランティアセンター全国フォーラム2017開催要項
ダウンロードしてお使いください(A4版 4pages)
大学VCフォーラム2017要項.pdf
PDFファイル 2.6 MB

[申込み]こちらのフォームより申込みください。締切 9月4日(月)

     参加申込み → https://ws.formzu.net/fgen/S53983370/

 

※以下、募集要項と同内容です。

第11回 大学ボランティアセンター全国フォーラム2017[東京] 開催案内

大学ボランティアセンターは 学生のいかなる学びを いかにして支援するのか?

 

 11回目となる全国フォーラムは、明治大学和泉キャンパス(東京都杉並区)にて開催いたします。

 昨年の第10回フォーラムでは、地域連携センターなど、地方創生、地域再生を目的に、自治体等と連携し、地域志向の教育・研究を進める組織も増えつつあるなか、大学におけるボランティアセンターの価値、役割は何かをあらためて考えました。(→リンク:昨年の模様)

 

 社会や地域から貢献を期待され、その期待に応える活動に取り組むことは大切ですが、その一方で、ボランティア活動への参加を通じて学生の学びや成長を支援する視点も、大学ボランティアセンターの取り組みにおいて欠かすことはできません。

 

 フォーラムでは、昨年の議論を踏まえつつ、特に学生の学びや成長という点にフォーカスし、「ボランティア活動を通じた学生の学びとは何か?」、「学生の学びや成長を促す、支える仕掛けは?」「学生の成長、変化をどのように評価するのか?」など様々な視点から講義、討議を行います。 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

[日 程]2017年 9月7日(木)10:30〜12:00*  オプション企画:大学ボランティアセンター基礎セミナー

         9月7日(木)13:30〜17:30 (終了後、情報交換会 開催)

         9月8日(金)  9:30〜16:30

[会 場]明治大学和泉キャンパス(東京都杉並区)

[対 象]大学ボランティアセンター、サービスラーニングセンター、地域連携センター

     など学生・大学の社会貢献活動を推進する部署、プログラムの       

     運営、実践に関わる教職員/開設を検討している教職員/支援を担当されている

     大学教職員/開設や運営を支援している学外の中間支援組織の方

[定 員]50名

[参加費]14,000円 (日のみ参加の場合は7,000円。情報交換会は、別途会費4,000円必要。)

[内 容]*詳細は、下段をご覧ください。募集要項(PDFダウンロード)にも掲載。     

      9月7日(木)

       10:30 オプション企画「大学ボランティアセンター基礎セミナー」

           (新規設立校ならびに今後の開設を検討している大学関係者が対象)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       13:00 受付開始(*明治大学 図書館ホール)


       13:30 フォーラム開会
 13:30 開会挨拶


       13:45 オリエンテーション、参加者紹介

       15:00 会場校見学「明治大学和泉ボランティアセンター」

       15:30 全体会1 「公共を担う主体はいかにして育つか」

       17:15 情報交換会会場へ移動 (参加の方のみ)

       17:30 情報交換会(オプション企画:希望者のみ)

       19:30 情報交換会終了

 

       9月8日(金)

       09:30 全体会2 「ボランティアセンター活動評価の視点と手法」

       13:00 昼食休憩


       14:00 テーマ別ディスカッション(分科会) 

       16:00 閉会挨拶・アンケート記入

       16:30 フォーラム終了

 

[申込み]2017年8月21日(月)~9月4日(月)  

[主 催]特定非営利活動法人ユースビジョン

[協 力]明治大学ボランティアセンター

 

[申込み]こちらのフォームより申込みください。締切 9月4日(月)

     参加申込み → https://ws.formzu.net/fgen/S53983370/

 

<明治大学(和泉キャンパス)へのアクセス>

   http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/izumi/access.html

 

<宿泊について>

 宿泊場所は各自で手配ください。

 

<資料等の事前送付>

ボランティアセンターの年次報告書やパンフレットなど事前送付の場合は、下記まで送付ください(送料発送者負担)。部数は最大50部。

  明治大学 和泉ボランティアセンター

  住所:〒168-8555 東京都杉並区永福1-9-1 

  TEL:03-5300-1470

  

<お問合せ先>

NPO法人ユースビジョン

大学ボランティアセンター全国フォーラム2017事務局(担当:赤澤、芝原)

TEL 080-8873-8399

[受付:火~金曜日 13:00~18:00]

メール:  info@daigaku-vc.info

ウェブサイト:  http://daigaku-vc.info/

 

 

1日目 [9/7(木)]

オリエンテーション、参加者紹介

 フォーラム2日間のプログラム紹介の他、参加の大学、団体より簡単な自己紹介(2,3分程度)をいただきます。フォーラムで様々な情報交換を行うためのオープニングプログラムです。

会場校見学

 明治大学和泉ボランティアセンターの活動紹介と施設をご案内いただきます。ご所属先での取り組みのヒントを探しましょう。

全体会1 「公共を担う主体はいかにして育むのか」

 学習指導要領の改定で、高校では2022年度から必修の新科目「公共」が始まります。狙いには「他者との協働により国家や社会など公共的な空間を作る主体であるということを学ぶ」などが挙げられています。では「公共的な空間をつくる主体を育む」にはどうすればいいのでしょう。この問いは、ボランティア活動を通じて学生の学びや成長を支援する私たちにとっても向き合うべき問いです。

 

 全体会1では、地域での様々な実践を通じて「公共的な空間」や「その主体」を育んでこられた西川正さんを話し手に、そして大学で学生ボランティアの活動支援に関わる川田虎男さん、赤澤清孝さんが聞き手となり、じっくりこの問いを深めていきたいと思います。

 

話し手:

西川 正さん

(NPO法人ハンズオン!埼玉 常務理事/埼玉大学・大妻女子大学 講師)

学童指導員、出版社などを経て、2005年、ハンズオン埼玉を設立。「おとうさんのヤキイモタイム」キャンペーンや東北福島から埼玉の避難者に向けた月刊誌『福玉便り』の創刊など、協働・市民参加型のまちづくりのプロデュースに関わる。

地元では、PTA、民生委員、自治会、学童保育などにかかわり地縁と志縁の間を行き来きしつつ、様々な提案と実践を重ねる。大妻女子大学等で非常勤講師。NPO法人あげお学童クラブの会理事、NPO法人日本ボランティアコーディネーター協会理事、等。日本コミュニティ七輪学会会長。著書に『あそびの生まれる場所 「お客様」時代の公共マネジメント』他。

 

聞き手:

川田虎男さん

(聖学院大学講師,ボランティア活動支援センターアドバイザー/ハンズオン埼玉理事)

学生時代、学生ボランティアセンターを立ち上げ、2000年SVnet(ボランティアをする学生を支援するネットワーク)の立ち上げに参画。社会福祉協議会職員、市議会議員を経て現職。大学院(博士)にも通いつつ、複数の大学でボランティア論等を受け持つ。最近誰よりもボランティアにお世話になっている自分を実感中。

 

聞き手:

赤澤清孝さん

(NPO法人ユースビジョン代表/大谷大学 准教授)

 1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに翌年、学生有志できょうと学生ボランティアセンター(現・ユースビジョン)を設立。学生のボランティア活動支援や団体のマネジメント支援に取り組む。2013年より大谷大学教員も兼務。地域と連携した教育プログラムを企画、実施。日本ボランティアコーディネーター協会理事ほか。

 

 


2日目 [9/8(金)]

全体会2 「ボランティアセンター評価の視点と手法」

 下半期は本年度事業の遂行と並行して、次年度に向けた計画を検討する時期。みなさんの現場では、どのように活動の成果や、運営について評価を行い、次年度計画に活かしているでしょうか。ボランティアセンターの活動は、活動の主体である学生、活動の現場である地域社会、そしてボランティアセンターの設置者である大学など、多様な人や組織が関わり合いながら、展開されており、その特徴をふまえた評価が必要です。 

全体会2では、大学教員として様々な地域連携の取り組みの企画、運営に携わってこられ、ボランティア活動による人材育成とその評価手法などの研究された齊藤ゆかさんを講師に、大学ボランティアセンターの活動を評価する際の考え方や評価手法について理解を深めます。

 

講師:齊藤ゆか さん

(神奈川大学 准教授)

 神奈川県在住。専門領域は、ボランティア活動論、NPO、

生活経営学。研究テーマは、「ボランティアを通したアクティブライフの構築方法論の開発」。現在「潜在的ボランティア」を活動に導く条件設定と環境づくりについて研究中。著書に『ボランタリー活動とプロダクティブ・エイジング』『福祉社会における生活・労働・教育』など。

 

 


テーマ別ディスカッション(分科会)

「地域からのボランティア募集依頼への対応の仕方」「ボランティア情報の広報手段」「学生スタッフの募集、育成」、「災害復興支援活動」など、テーマごとに分かれて参加者同士で活動実践や問題意識を共有するための時間です。 テーマは、参加のみなさんの関心に応じて4テーマ程度設定し、60分1テーマで2回実施。どこの参加するかは当日選びます。

 また例年行っている自由研究発表も、この時間を使って実施します。発表者には参加者から、多くのフィードバックやアイデアがもらえますので、この機会をぜひ積極的に活用ください。 (希望の方はフォーラムの参加申込フォームに発表テーマを記載ください)

オプション企画 [9/7(木)](希望者のみ)

大学ボランティアセンター基礎セミナー

 大学ボランティアセンターの設立を検討している大学、設立したばかりの大学、新任担当者を対象とした基本的な事柄を学ぶ講座です。 

 

 

情報交換会(別途 会費が必要です)

  参加者間で、交流をさらに深めましょう。今回は、会場校内にてケータリング形式で実施します。任意ですが、参加をおすすめします。

会場:明治大学和泉キャンパス

会費:4,000円(税込)

 

 

サイト運営:

NPO法人ユースビジョン
大学ボランティアセンターリソースセンター


603-8142
京都市北区小山北上総町43-4
相井ビル2階
TEL:080-8873-8399

(電話対応時間:火〜金13:00-17:00)
info@daigaku-vc.info
http://www.youthvision.jp