<当団体発行書籍のご案内>

おかげさまで完売いたしました。ありがとうございました。


全国1,153の大学・短大を対象にボランティアセンターの
設置状況や活動内容、運営体制を調査した全国初の報告書!

地域貢献活動による学生の学びと成長を促すために

大学ボランティアセンターに必要な3つの機能

全国における大学ボランティアセンター実態調査報告書/大学ボランティアセンター自己評価ツール

学生による地域貢献活動の促進に役立つデータが満載!
・大学ボランティアセンターの活動内容や運営体制は?
・大学ボランティアセンター設立にはどんな準備が必要なの?
・地域の施設や団体の情報はどのように集めているの?
・学生の地域貢献活動の効果的な支援の方法は?
・大学ボランティアセンター運営に学生が参加する意義や成果は?
・大学と地域のボランティアセンターが協働するためのポイントは?

<特にこんな方にオススメします>
*大学、短大で学生の地域貢献活動の支援をご担当の方
*大学ボランティアセンター(ボランティア活動支援部署)の運営に
 関わっている大学、短大関係者の方
*大学ボランティアセンターの設立を検討している大学、短大関係者の方
*大学ボランティアセンターとの協働や連携を考えている地域のボラン 
 ティア活動推進機関、NPO支援センターのスタッフ

<私たちも推薦します>
地域とともに歩み始めた大学づくり
東京ボランティア・市民活動センターセンター長 
神奈川県立保健福祉大学 学長
山崎美貴子


 この10年余の間に、およそ100大学が、ボランティアセンターを設立している。
その意義は大学のミッションの一つとして、「地域に学び、地域に貢献し、地域と共に歩む」大学づくりを目指しているからである。大学はその持てる知的財産と若々しいエネルギーをもって、地域社会の様々な課題に挑戦し、活動に参加したいと願っている。大学と地域との窓口、橋渡しとなるのがボランティアセンターである。こうした大学の願いを地域で受け止め、共に地域を耕す役割を担い、パートナーである自治体、ボランティア市民活動センター、市民セクター、社会福祉協議会、活動受け入れ団体に本書の購入をお勧めしたい。

ボランティア活動支援のこれからを示唆
昭和女子大学特任教授
サービスラーニングセンターセンター長
日本ボランティア学習協会 代表理事
興梠 寛

 「ユースビジョン」ならではの調査報告書は、ボランティア活動支援の実態を詳細に渡って調査分析し、今後の推進目標を明確にした大変示唆に富んだものである。
 日本の現状は、ボランティア先進国といわれるアメリカと比べれば、いまだ貧弱な実態である。ボランティアセンターの拠点環境をはじめ、コーディネーターの専門性への認知や雇用条件の改善、大学の推進体制やアカデミズムと融合したサービスラーニング授業の展開など、課題は山積みである。大学教育関係者をはじめ、中間支援機関やNPO、社会貢献企業による多元的な議論のリソースとしてぜひ活用したい。

オリジナルなボランティアセンター作りにこの1冊
日本ボランティアコーディネーター協会 代表理事
京都光華女子大学教授
妻鹿ふみ子


 大学ボランティアセンターに今求められているのは、大学という組織の強みを最大限生かしながら、ボランティア活動の総合プロデュースをすることだろう。しかし一口に大学と言っても規模も立地も特色も異なる。そんなさまざまな大学が、その大学らしいセンターを作るにはどうしたらよいのか。その答えはこれまでは自分で探していくしかなかった。しかし、本書を活用すれば、多くの優れた先行事例をモデルとしつつ、自分たちの大学のオリジナルなボランティアセンターのあり方を探っていくことができる。本書は悩みつつ仕事をしている大学ボランティアセンタースタッフの強力な助けとなるだろう。

※肩書きは本書発行当時

目次
第1章 全国における大学ボランティアセンター実態調査報告書
 1.はじめに
 2.調査概要
    アンケート調査の概要、電話調査の概要
 3.調査結果および分析
    単純集計結果(事業面・運営面)、クロス集計結果
 4.実態調査からみる大学ボランティアセンターの現状とあり方
 5.おわりに――調査結果を活用した今後の事業展開
 資料1「ボランティアコーディネーターの専門性の構成要素」
 資料2「全国における大学ボランティアセンター実態調査 調査票A・B・C」

第2章 大学ボランティアセンター自己評価ツール -Vol.1-
 大学ボランティアセンター自己評価ツールとは
 事業面の評価Ⅰ.学生の活動の機会をコーディネートする
 事業面の評価Ⅱ.学生の学びと成長を促す
 事業面の評価Ⅲ.地域と共に歩む(協働する)

サイト運営:

NPO法人ユースビジョン
大学ボランティアセンターリソースセンター


603-8142
京都市北区小山北上総町43-4
相井ビル2階
TEL:075-286-3400

(電話対応時間:火・水・木13:00-17:00)
info@daigaku-vc.info
http://www.youthvision.jp