[開催報告]第8回大学ボランティアセンター全国フォーラム2014

9月12日-13日の2日間、「第8回大学ボランティアセンター全国フォーラム」を聖学院大学(埼玉県上尾市)にて開催しました。今回のテーマは、「大学生の可能性を引き出し、高めるボランティアセンターの支援のあり方を探る」。聖学院大学ボランティア活動支援センターの共催で開催しました。

フォーラム概要

[日 程]2014年9月12日(金)・13日(土)

[会 場]聖学院大学

[対 象]大学ボランティアセンター、サービスラーニングセンター、地域連携センター

     など学生・大学の社会貢献活動を推進する部署、プログラムの       

     運営、実践に関わる教職員/開設を検討している教職員/支援を担当されている

     大学教職員/開設や運営を支援している学外の中間支援組織の方

 

[主 催]大学ボランティアセンター全国フォーラム2014実行委員会

     特定非営利活動法人ユースビジョン

[共 催]聖学院大学ボランティア活動支援センター

開催報告

 

9月12日(土)<1日目>

 

□オプション企画「大学ボランティアセンター基礎セミナー」

進行役:市川享子さん

 

開会前の時間を使って、大学ボランティアセンターに関する基礎的な内容を伝えすることを

目的に設置したオプション企画。

 

各大学の状況や悩みを紹介したり、課題を乗り越えた事例等を紹介しながら、参加者同士で情報交換が進みました。

また、明治学院大学ボランティアセンターの成り立ちや組織構造、活動内容等の基本情報を紹介しながら、大学ボランティアセンターの基本的な枠組みについて理解を深めました。

□センター見学

常設の相談スペースをもたない、聖学院大学ボランティア活動支援センター。

このインターネットルームを利用して、チラシラックを設置したり、学生の相談にのっています。


□基調講演

「ともに生き抜く次代の社会へ~若者の自発性が引き出される契機としての側面」と題して、

学校法人聖学院理事長・院長 聖学院大学教授 阿久戸光晴先生からご講演をいただきました。

ジブリアニメ映画「千と千尋の神隠し」を題材に、人間の成長やそれぞれの人間関係等についてご説明いただいたり、現代における若者の教育の課題として、「自発性・自主性」の重要性、「自由」という言葉のつかい方の危うさ、本質についてなど、ボランティアセンターに関わる人たちへのたくさんの示唆をいただきました。

□全体会1

聖学院大学の学生サポートメンバーによる、サポメンジャー(5人)の登場からスタート。

衣装も、振り付けもばっちりです。

その後は、4人の学生と2人のコーディネーターが登壇し、「やる気スイッチが押された/押した瞬間はいつだったのか?」をテーマに、学生のライフストーリーが語られました。

また、コーディネーターはその時どう思って、どう振る舞っていたのかについての裏側を紹介していただきました。

□アイスブレイク

サポメンジャーの進行により、

部屋を日本地図にみたて、参加者の大学所在地にマッピングしました。

今回は埼玉県での開催であったため、関東地域が混雑する地図になりました。

その後、大学自慢について紹介がありました。

□テーマ別意見交換会

下記の3つのテーマに合わせ、会場を3分割しグループごとに話を出し合い、

出された意見をホワイトボードに書き込んでいく方式で、悩みの共有や解決策のヒント等が

多く出されました。

 

A)学生の対応

 呼びかけ・巻き込みの方法/活動コーディネート/学生スタッフのコーディネート/その他

B)ボランティアセンターの仕組み

 担当者の役割/人材の位置づけ/予算/学内組織の位置づけ・調整/その他

C)学外との連携

 ニーズキャッチ・選択/ルール・リスクマネジメント/事前・活動中・事後の情報共有/その他


9月13日(土)<2日目>

 

□分科会(1)

コーディネーターのお悩み座談会「コーディネーターの役割、職務とは?」

 

座談会形式で、各参加者のセンターについて詳しく紹介をしたり、ボランティアセンターやコーディネーターの価値や存在 意見交換などを行いました。

□分科会(2)

イマドキ学生の傾向と対策をつかみボランティアコーディネーションに活かす

 

「今どきの学生は○○○」「最近の学生は○○○が多い」など、参加者同士で持ち寄り、共有し、その上で、ボランティアセンターのコーディネーションへ活かす工夫や考え方を考えました。

□分科会(3)

大学ボランティアセンターでのリフレクション活動を効果的にするために

 

参加者各自の「ふりかえり」についての自己紹介の後、学びを深める支援のあり方について、「どのような視点」「質問のバリエーション」を検討しました。

□自由研究発表

現場からの実践報告・研究発表

 

今回はお二人のコーディネーターから発表があり、発表を受けて、参加者同士でディスカッションを深めました。

発表テーマ:山口県立大学ボランティア窓口の試み

発表者:伊勢屋晶代さん(山口県立大学ボランティア窓口 ボランティアコーディネーター)

発表テーマ:本学の災害支援・復興支援の現在とこれから

発表者:吉澤道子さん(高崎健康福祉大学ボランティア・市民活動支援センター コーディネーター)

 

ご発表いただいた、伊勢屋さん、吉澤さん、ありがとうございました!

 

 

□全体会2「全国の大学における被災地支援活動実態調査」報告から

 

当団体が実施した「全国の大学における被災地支援活動実態調査」の調査結果の概要をお伝えした後、

 

A:東日本大震災・被災地支援活動実施にあたって大変だったこと/難しかったこと?

B:起こりうる災害(地震、水害等)に備えて、各大学/センターで取り組んでいること、困っていること

これらのテーマにて、参加者同士で意見交換を行いました。

 

東日本大震災の支援活動に関わっているコーディネーターからは当時の様子や課題について、

また、現在進行中の、広島の豪雨災害支援活動についてや、今後の災害対応の準備状況など等

多方面から話が出ました。

その後、分科会1、2、3についてどんな内容だったかを簡単に分科会担当者から紹介いただきました。突然のお願いながら紹介いただいた、松本さん、白井さん、市川さんありがとうございました。

 

フォーラム閉会の挨拶として、聖学院大学ボランティア活動支援センターの藪内さんから挨拶をいただき、閉会いたしました。

 

ご参加くださったみなさまありがとうございました。

共催団体として、事前準備や当日運営等々ご尽力いただきました聖学院大学ボランティア活動支援センターのみなさま、本当にお世話になりました。感謝申し上げます。

サイト運営:

NPO法人ユースビジョン
大学ボランティアセンターリソースセンター


603-8142
京都市北区小山北上総町43-4
相井ビル2階
TEL:075-286-3400

(電話対応時間:火〜金13:00-17:00)
info@daigaku-vc.info
http://www.youthvision.jp