[開催報告]大学ボランティアセンター学生スタッフセミナー2013

9月11日-12日の2日間、大学ボランティアセンター学生スタッフセミナー2013を大阪市立青少年文化創造ステーションKOKOPLAZA(大阪市)にて開催しました。初参加のセンターも多く、また、引率としてセンター職員の方も3名参加されるなど、学生スタッフの可能性を感じる会になりました。参加総数は、68人(講師・スタッフ含む)でした。

セミナー概要

[日 程]2013年9月11日(水)-12日(木) 1泊2日

[場 所]大阪市立青少年文化創造ステーション KOKOPLAZA

     ※宿泊は、同建物内の新大阪ユースホステル

[対 象]主に大学ボランティアセンター等で活動している、学生スタッフ

開催報告

 

9月11日(水)<1日目>

□自己紹介・大学ボラセン紹介

 

「今の気持ち」を円グラフに書き、3人グループにわかれて自己紹介を行いました。

また、センター紹介でも、円グラフを使い、一人ひとりが紹介を行いました。


□全体会1「この機会に「ボランティア」というものを見つめよう」

 

「この人はボランティアでしょうか?」という何人かのケースを取り上げ、

それぞれが思う理由を、色カードであげました。

なぜか、全員一致はありませんでした。

その後グループに分かれてディスカッションしました。

「ボランティアだと思う」「その理由は・・・」

「ボランティアではないと思う」「その理由は・・・」

 

その後、ボランティアの基本的考え方、基本原則についてレクチャーを行いました。

 

□分科会(1)コーディネーション「コーディネーションを学ぼう」

まず、各大学のコーディネーション事情や課題を共有した後、

あらかじめ相談側の学生の設定がされた、相談対応ロールプレイを行いました。

観察者、学生スタッフ役、学生役に分かれ、体験をしながら、活動紹介のポイントや話のききかたについてふりかえりました。

 

□分科会(2)企画「学生をひきつける企画づくり・プログラムづくり」

まず、企画について学びたいこと、他大学に自慢したい企画について紹介した後、企画の作り方のポイントをレクチャーし、実際に企画づくりの体験を行いました。

 

□分科会(3)広報「ボラセンの認知度を上げるには!?」

各大学が行っている広報の工夫を情報共有した後、広報についてのレクチャー、様々な媒体、キャッピコピーについて等解説を行いました。

 

□交流会

各地のお土産紹介タイムを行いました。

夜遅くまで、それぞれ話し込んでいる様子が印象深かったです。

 

9月12日(木)<2日目>

 

□朝のアクティビティ

「昨日1日で印象に残ったこと」をまた円グラフにして共有しました。

一人の気づきがみんなの気づきになったでしょうか?

□全体会2「改めて、学生スタッフの役割を考える」

「学生スタッフは何のためにあるのか?(いるのか?)」「大学の中にボランティアセンターがある意味は?」についてグループに分かれてディスカッションを行いました。

また、レクチャーでは、ボランティアコーディネーションというのは幅広いものであること、ボランティア紹介だけがボランティアコーディネーションではないこと、大学にとってボランティアセンターの存在はなぜ必要なのか?を、立場を変えて考えることの重要性について話がありました。

□岡山理科大学科学ボランティアセンター紹介

岡山理科大学科学ボランティアセンターの二人(古本くん&立岩くん)による、普段の活動紹介の実演です。個性的なキャラとあいまって大変盛り上がりました。

子ども向けの活動の時にも使える技ですね。


□全体ふりかえり

大学ごとにわかれて、2日間での学びを共有し、大学に帰ってからのアクションプランを作成しました。その後、大学ごとに全体発表しました。それぞれ、「やるぞ!」という気持ちがみなぎっていました。

参加者の皆さん、2日間お疲れ様でした!

サイト運営:

NPO法人ユースビジョン
大学ボランティアセンターリソースセンター


603-8142
京都市北区小山北上総町43-4
相井ビル2階
TEL:075-286-3400

(電話対応時間:火〜金13:00-17:00)
info@daigaku-vc.info
http://www.youthvision.jp