[開催報告]大学ボランティアセンター学生スタッフリーダーセミナー2015

2月9日-10日の2日間、「大学ボランティアセンター学生スタッフリーダーセミナー2015」を京都文教大学学生課/京都文教ボランティアセンターの共催で、京都文教大学宇治キャンパス(京都府宇治市)で開催しました。

セミナー概要

[日 程]2015年2月9日(月)・10日(火) 1泊2日

[会 場]セミナー会場:京都文教大学(京都府宇治市)

[対 象]大学ボランティアセンターで活動している学生スタッフのうち

     2015年の運営の中核を担うリーダー・幹部(層)

開催報告

 

2月9日(月)<1日目>

 

□開会挨拶

 

開会に当たり、ユースビジョン代表の赤澤から挨拶です。

 

□アイスブレイク(自己紹介タイム)

最初のプログラムは、自己紹介。

 

京都文教ボランティアセンターの学生スタッフ1回生のお二人に進行していただきました。

□京都文教ボランティアセンター見学

・センター設立当初からセンターを見守る学生課の根本さんからの説明

・学生スタッフからの説明

・センターの訪問

と3つのチームに別れ、京都文教ボランティアセンターについて学びました。


□講義とワーク「自分たちの組織をふりかえる」+「組織のマネジメントを学ぶ」

まずは、組織の健康状態を客観的にみるためのツールを使い、それぞれが自組織に

感じている困り事について自己チェックをしました。

 

その上で、組織のマネジメントの考え方、目的と目標の違いとは?、など、学びました。

 

□ワーク「リーダーシップを考える」

休憩をはさんだ後は、リーダーシップを考えるケーススタディにグループで取り組みました。

2月10日<2日目>

 

□朝のふりかえり

朝一番のプログラムは、昨日のことを思い出すこと、昨日のうちに喋っていない人とお話すること

を目的に、3人1組でシェアをする時間です。

□2日目開始のご挨拶

今回のセミナー共催校である京都文教大学の学生部長の松田先生より、参加者の学生に対して

挨拶とあたたかいメッセージをいただきました。

□ワーク「リーダーシップを考える」の続き

事情により2日目から参加の神戸市外国語大学のメンバーも加え、昨日取り組んだケーススタディについてさらに検討し、グループごとに課題/問題点と解決策について発表しました。


□レクチャー「リーダーに求められること」

リーダーとメンバーの関係、リーダーシップは状況によって変化すること、組織の成長過程等について学びました。

□ワーク「自分のセンターのふりかえり」

これまでの学びをふまえ、自分が所属するセンターをふりかえり、現状と理想を書き出すワークに取り組みました。

「現状から、理想に近づくためには?」の意見交換をそれぞれのセンターの特徴なども紹介しながら、グループメンバーで行いました。

 

 

□大学別ワーク

大学ごとにわかれ、これまでの学びや気づきを共有し、これから取り組むことを検討し、大学ごとに発表を行いました。

セミナーの最後は集合写真を撮影!

2日間おつかれさまでした!セミナーへのご参加ありがとうございました!

サイト運営:

NPO法人ユースビジョン
大学ボランティアセンターリソースセンター


603-8142
京都市北区小山北上総町43-4
相井ビル2階
TEL:075-286-3400

(電話対応時間:火〜金13:00-17:00)
info@daigaku-vc.info
http://www.youthvision.jp